サイトマップ

メールでのお問合せはコチラ不動産用語集 よくあるご相談

≫ お客さまからよくあるご相談をまとめました。ぜひご参考にして下さい。

事情があって、不動産を売却するのでできるだけ高く売っていただきたいのですが?

不動産の価格は物件の種類、立地、道路付け、面積、収益価値、利用目的、売却先等様々な要因で決定されるものであり、適切な価格査定を行い、かつ売主の事情、売却理由、売却時期を勘案し、適切なアドバイスを行います。

固定資産税の負担が重いので困っております。何とか安くならないですか?

ご自分の固定資産税の評価額を登録した固定資産税台帳は、通常3月1日から3月20日までの間、閲覧することができます。そして、ご自分の土地と同等に近いと思われる隣接地等の土地価格等縦覧帳簿で縦覧し、ご自分の土地の固定資産税評価額が隣接類似地より高すぎると思われる場合には、また納得できない場合には、固定資産税評価審査委員会に対して審査の申し出をすることができます。

なお、縦覧後に記載間違いや、評価額等に重大な錯誤が発見れた場合には、直ちに役所に申し出て訂正してもらってください。

投資家にとって、専門家に不動産投資を支援してもらうメリットは何ですか?

大切な資産の運用に際して利害関係のない第三者である専門家の意見に耳を傾けることで、取り返しのつかない失敗を未然に防ぐことができます。

また、不動産投資には長期的な視点が必要不可欠です。弊社では、投資家サイドに立って、あらゆる段階とケースに対応して適宜サポートを行う体制を整えております。